難聴になるとうつ病になりやすいといわれていますが、本当なのでしょうか? これはその人の性格や置かれている環境によって異なりますが、難聴が原因でうつ病になる可能性はあるといえます。 難聴になると他者とのコミュニケーションを上手く取ることができないので、孤独を感じることが多いです。 その不安な気持ちが睡眠障害を引き起こし、やがてうつ病を発症させてしまうことがあります。 また、今まで耳が普通に聞こえていたのにも関わらず、急に難聴になってしまった場合、これからの人生に不安を感じます。 「これからどうすればいいのか?」「どうして自分が難聴になったのか?」など、悲観的なことを考えてしまいがちです。 そのストレスが原因で、うつ病を引き起こすケースもあります。 難聴になり、睡眠障害、食欲不振、倦怠感、意欲低下といった症状が見られる場合は、うつ病の可能性があるので、早めに病院に行くようにしてください。 初期段階であれば、早めに改善できるかもしれません。